スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

成城コルティ 雑木林の丘・オリーブの庭

小田急線・成城学園の駅ビル「成城コルティ」4階の空中庭園。
建物の東西に2つの庭園があります。

「コルティ」とは、イタリア語の中庭を意味する「コルティーレ」からの造語だそうで、その名のとおり建物の1階から4階まで中央は大きな吹き抜け空間になっています。透明のルーフトップから陽の光がさし込んで、開放感いっぱいです。

エスカレーターで上がっていくと、庭園のテラステーブル席が見えてきて、期待がふくらみます。

2013061101.jpg

こちらは東側の「雑木林の丘」。

2013061102.jpg

かつての武蔵野の雑木林をイメージした木立です。

2013061103.jpg

結構、背の高い樹が多く、小路を歩いていると緑風が気持ちよく吹き抜けていきます。

2013061104.jpg

木立を抜けると、一気に視界が開けます!
この眺めは、周りに高い建物が少ないこの地域の駅ビルならでは。

2013061105.jpg

ひとしきり眺望を楽しんだ後は、西側の「オリーブの庭」へ。

2013061106.jpg

こちらは芝生に柑橘類の樹、ベンチ等が配された洋風の庭園です。

2013061107.jpg

どちらかというと、「雑木林の丘」はグループや子ども連れで賑やかに、「オリーブの庭」は少人数でまったりと、という感じでしょうか。

2013061108.jpg

オリーブの樹と青い空、いっぱいの陽光で、気分はラテン系!

2013061109.jpg

開園時間・休園日ともに、成城コルティに準じます。
※飲食は自由のようです。
スポンサーサイト
2013-06-22(Sat)
 

ルミネ立川 スカイガーデン・コトリエ

JR立川駅の北口側の駅ビル「ルミネ立川」の屋上庭園。
門柱代わりの石とアーチがお出迎え。

2013062201.jpg

園内は芝生の広場とパーゴラのテーブル席、シンボルツリーと花壇という構成です。

2013062202.jpg

庭園の向こうにはフットサルコート(予約制、入り口は別)があり、元気な声が聞こえてきます。

2013062203.jpg

もっとも、こちらの広場でも元気に走り回っているので、あまり耳に障ることはありません。

2013062209.jpg

園内が空いていれば、シンボルツリー脇の一隅に敷物を敷いて、ピクニック気分も味わえます。

2013062204.jpg

ここのユニークなところは、まず石造りの井戸があること。

2013062206.jpg

もちろんレプリカですが。

2013062207.jpg

そして、入り口にあったように、園内の花壇やツリーの下などにも天然石が置かれていること(画像では草花に隠れてよく見えませんが…)。

園路に敷き石としたり、小路に飛び石を配したり、という空中庭園はこれまでもありましたが、「石」として存在感を出しているのは初めてです。

2013062205.jpg

そして園の奥には、これも珍しい山野草の植え込み。

石造りの井戸と天然石そして山野草で、ちょっと洒落た田舎の風景を創り出しています。

2013062208.jpg

こちらでは、地域密着型イベント「あおぞらガーデン」が企画され、マルシェやブック・カフェ、ワークショップなどが開かれているそうです(次回は8月)。

この地に生まれ育った身としては、だだっ広い駅ビル(当時はwillという名称でした)の屋上で毎夏恒例の花火大会を見物した学生の頃と比べて、立川もずいぶん変わったなぁ、と嬉しくもあり寂しくもあり……。

所在地:東京都立川市曙町2-1-1
開園時間:ルミネ立川に準じる
※飲食は自由のようです。
2013-06-15(Sat)
 

二子玉川高島屋SC フォレストガーデン

二子玉川高島屋ショッピングセンターの本館にある空中庭園。
玉川高島屋が1969年に開業した時から、屋上庭園として開放されていたという、空中庭園界の老舗です(2003年に南館が増設された際に、改修されたそうです)。

2013060800.jpg

南館からの空中通路を渡ると、ブドウの小径が奥へ延びています。
もう、小さな実をつけた房がいくつもなっていました。

20130608001.jpg

そちらへ進まず、右手へ向かうと、緑に囲まれたウッドデッキの広場が見えてきます。
ここが、フォレストガーデン南側の休憩スペース。「こもれびのデッキテラス」という名前がついています。

2013060801.jpg

テーブルとイスがいくつか置かれ、奥様たちが談笑していました。

2013060802.jpg

ウッドデッキの向こうは芝生の広場と滝。
水に触ったり、芝生を駆け回ったり、こちらは小さい子のものです。

2013060803.jpg

芝生広場の右側から延びるウッドデッキの小路を、奥へ進みます。

2013060804.jpg

とたんに景色が変わり、暑い日ざしの下で涼しげな日陰を作る木立に、しばしホッとします。

2013060805.jpg

根の張り具合が、この庭園の「年輪」を感じさせます。

2013060806.jpg

ちょっと寄り道して、左手の階段を上がると、そこはシンプルでアダルトな雰囲気の広場。
男性が一人で来ても、くつろげそうです(ここだけ、灰皿が置いてありました)。

2013060808.jpg

元の小路に戻ると、ちょっと和風なこしらえの植え込み。
今までの元気で陽気な雰囲気から変わって、こちら側は木立の間を散策する落ち着いた雰囲気のつくりです。

2013060807.jpg

カメが携帯電話で話しているオブジェがいくつもあります。

2013060810.jpg

こちらは、デッキテラスの脇に置かれていたオカリナのオブジェ。

2013060809.jpg

木立の奥にもテーブルが置かれ、こちらが北側の休憩スペース。

2013060811.jpg

小さい子を連れた家族や、奥様たちのグループが、早めのランチを楽しんでいました。

2013060812.jpg

実は本館には、3階にも、30種近くのバラを集めた「ローズガーデン」というイングリッシュガーデンがあります。

2013060813.jpg

昔は「薔薇の包みの高島屋~♪」というコマーシャルをよく耳にしました。
ローズガーデンの紹介とともに、高島屋と薔薇の関係や、高島屋のマスコットキャラクター「ローズちゃん」のことなど、書きたいことはたくさんあったのですが、それはまた来年の薔薇の見ごろの時期に改めて。

2013060814.jpg

開園時間・休園日ともに、二子玉川高島屋SCに準じます。
所在地:東京都世田谷区玉川3-17-1
※飲食は自由のようです。
2013-06-10(Mon)
 

二子玉川高島屋SC サウスガーデン

二子玉川高島屋ショッピングセンターの南館にある空中庭園。

2013053101.jpg

7階のエントランスから入ります。
エスカレーターからここまでの通路にベンチがたくさん置かれていて、赤ちゃん連れのお母さんには格好の休憩場所になっています。


左手の階段を上がった8回のベランダデッキからの眺め。
多摩川からの風が気持ちいい。

2013053102.jpg

下に目を転じれば、屋上には珍しい水と木立の庭園。
ここが屋上とは思えない風景です。

2013053103.jpg

庭園に降りると、涼やかな水音。
傍らの笹竹と相まって、ここだけ和風のテイストです。

2013053105.jpg

水辺に照明が灯る夕方以降は、また違った雰囲気が出そう。

2013053104.jpg

木立の中へ入ってみましょう。

2013053106.jpg

中は小路が伸びて、テーブルやベンチもいくつか置かれています。
ちょっと暑かったこの日も、木陰の下ではベビーカーの赤ちゃんが気持ちよさそうにお昼寝してました。

2013053107.jpg

2013053108.jpg

木立を抜けて、ふと振り返ると、森からビジネス街へ一足飛びにやって来た気になりました。

2013053109.jpg

この空中通路の向こうが、本館のフォレストガーデン。

2013053110.jpg

次回へ続く。

開園時間・休園日ともに、二子玉川高島屋SCに準じます。
所在地:東京都世田谷区玉川3-17-1
※飲食は自由のようです。
2013-06-02(Sun)
 
プロフィール

intermediary

Author:intermediary
東京都稲城市で出版社&編集プロダクションをやってます。
好きなもの:カレー全般、お酒全般、コンクリート、フュージョン&スムース・ジャズ、ランニング、クロスバイク。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。